バストの土台ともいえる大胸筋を鍛える体操

バストアップするための外的なアプローチの中にエクササイズがあります。この項では自宅でテレビを見ながらでも行えるバストアップ体操をご紹介したいと思います。

バストはそのほとんどが脂肪によって構成されています。バストをサイズアップさせるためには脂肪を増やす必要があるのですが、バストの土台ともいえる大胸筋を鍛えることでバストを形よく整えサイズアップしたように見せることができます。

まず、胸の前でヒジを横に開いて直角に保ちながら手のひらを合わせます。このままの状態で左右の手のひらを押し合います。腕と胸筋に力が入るのが感じられると思います。この状態で10秒キープしたら少し休みます。これならテレビを見ながらでも簡単にできますので1日に数回試してみてください。


失われたハリを取り戻す

バストにハリが失われると、仰向けに寝た時にバストが横へ流れてしまいます。これもバストアップ体操を毎日行うことで解消することができます。まず手のひらとヒジを胸の前でぴったり合わせます。この時バストの位置と合わせたヒジの位置が同じ高さになるようにしてください。そしてゆっくり息を吐きながらさらに左右のヒジと左右の手のひらをぴったり隙間なくくっ付けるように力を入れていきます。脇から胸にかけて力が入るのが分かると思います。これも1日に数回行うようにしてください。たとえ小さなバストでも大胸筋を鍛えることで形よく大きく見せることができます。ぜひこのバストアップ体操を毎日行ってみてください。

花画像